So-net無料ブログ作成
検索選択
mail


無脳症 画像 写真 [健康]

後半で無脳症の画像を掲載しております。

とてもショッキングな写真ですので自己責任で読み進めてください。


無脳症とは妊娠の4周ごろにおこる先天性の異常です。

出生してきた赤ちゃんの0.06%の割合で発症します。


この無脳症の子供は、

読んで字のごとく脳みそがありません。

ですのでカエルの様な顔になってしまいます。

もちろん生存能力もありません。

お腹の中にいるあいだは生きていられますが

生まれたら1週刊以内に死ぬだけです。



海外の調査によると、

無脳症の原因のうち、遺伝によるものが65%なのだそうです。

残りの35%は原因を特定することは難しく、

外的要因によるものだとしかわかっておりません。


ただ、いくつかその原因は発見されています。

原因その1
DNAの損傷による遺伝子分裂時のミスコピー

原因その2
葉酸の不足による血中のホモシステイン(アミノ酸の一種)値の上昇

原因その3
ピル、抗てんかん剤等の薬物の使用による葉酸の不足。

原因その4
飲酒、喫煙(主に受動喫煙)

原因その5
被爆、ダイオキシン、サリドマイド、水俣病、先天性風疹症候群、先天性トキソプラズマ症、先天性
梅毒、先天性肝炎、 先天性アルコール症候群

無脳症は葉酸の摂取不足で起こるようです。

ですが、葉酸不足によって引き起こされるているのか、

そのほかの原因によるものなのかを知る術はありません。


私はこの病気を手塚治虫さんの「ブラックジャック」で知りました。

たしかメスを使わずに体の悪いものを抜き取る呪術師との対決だったと思います。

かなりショッキングでした。


漫画の世界の話だとばかり思ていたのですが、

実際に存在する病気だったことに驚きました。


ところが

ある地域では無脳症の子供が生まれると

神が生まれたとして

非常にもてはやされるそうです。


無脳症児だけでなく

手が3本ある子供

体の色素が全くない子供

尻尾が生えている子供


あらゆる異常児がそれぞれの国で

天使や、神としてありがたがられています。


もしかしたら

そういう子供たちは本当に神の使いで

我々にメッセージを送っているのかもしれませんね。


c01_08.jpg


高次脳機能障害とは? 判断力 [健康]

高次脳機能障害とは?                            

交通事故等の外的な障害をうけたあとに、
イライラや物忘れが起こる場合は、
脳外傷による高次脳機能障害の可能性があります。

外傷性高次脳機能障害の目安は以下の3点です。

1 交通事故等の外傷による脳の損傷があること

2 一定期間意識不明状態が継続したこと

3 一定の異常な傾向


高次脳機能障害の具体的症状

1)失語症
脳の中の言葉をつかさどる言語中枢というところに障害を受けると、言葉を話すこと、聞いて理解すること、文字を書くこと、文字を理解することなどが困難になります。

2)記憶障害
記憶とは、出会ったもの、体験した出来事などを頭に保存し、適切なときに必要に応じて取り出すことです。記憶障害では、新しいできごとを覚えていられなくなったり、そのために何度も同じことを繰り返し質問したりします。

3)注意障害
何か作業をしようとする時に、意識をその物事へ集中することの障害です。ぼんやりしていてミスばかりしたり、ふたつのことを同時にしようとすると混乱するなどのことがあります。また、一度何かをやりだすと、別のものを出されてもできなかったり、杖に集中しなければ危ないのに周りの些細なことに気をとられやすくなったりということもあります。

4)失認
失認とは、視力や感覚能力は保たれているにもかかわらず、目の前にあるもの何かわからなかったり名前がわからなかったりすることをいいます。

5)失行
失行とは明らかな麻痺はないのに、道具が上手に使えなかったり、極端に間違った使い方をする症状です。病気の前まで何気なくやっていた歯磨きや着替えなどといった動作もうまくできなくなり、他人と指示が必要となります。

6)半側空間無視
失認や注意障害に症状は似ていますが、目では見えているのに片側にある人や物を無視する、片側にあるものにぶつかる、片側にあるものを食べないといった症状を呈します。

7)遂行機能障害
遂行機能とは、何か物事に対する計画を立てて実行する能力です。

8)病識欠落
病識の欠落とは自分が障害をもっていることに対する認識がうまくできない。障害がないかのようにふるまったり、言ったりすることです。



貴方の身近にも交通事故の後に、人が変わってしまった。周りの人間の様子がおかしいといった場合は
高次脳機能障害の疑いがあります。

そういった場合は迷わず医師の診察を勧めてください。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。